★ゲキモテ★1日たった10分で!
イケてる自然な二重まぶたをお金をかけずに一生自分のモノにしちゃう魔法の方法!

2008年06月09日

赤ちゃんのまぶた(一重・二重)について

☆赤ちゃんのまぶた☆

顔の印象というものは、目でとても違ってきます。
やはり一重よりも二重の方が印象的に良い場合が多いのです。
そのため、自分の赤ちゃんは出来るなら二重まぶたがいい・・・と願う親がとても多いようです。
ちなみに、二重か一重かは遺伝するため、一重の両親からは一重の赤ちゃんが生まれてくる確立が高いといえます。
ただ、赤ちゃんは成長とともに顔もどんどん変わりますので、あとから二重になる可能性ももちろんあります。

反対に両親が二重の場合は、二重の赤ちゃんがうまれてくる確立の方がもちろん高いのですが、生まれてきたばかりの赤ちゃんは一重であることが多いです。
これはまぶたの裏側の脂肪が関係しているためで、そういった赤ちゃんは1歳頃を過ぎると自然に二重になっていることが多いです。

もし1歳を過ぎて一重のままだったとしても(もとから二重まぶたを遺伝してない場合でも)、目の運動やまぶたの脂肪を落とすことで二重になる可能性もあります。
まぶたの皮膚はとても柔らかく変化しやすいので、あまり気にする必要はないかと思います。

自分の赤ちゃんは二重まぶたであって欲しい!!と考えることは、間違った考えではありませんよ。
しかし、赤ちゃんが一重であろうが元気で健康に、素直に育ってくれれば、それ以上望むことはないと思います。
私の子供も一重ですが、それを悲観したことはありません。
最近では、子供に整形をさせる親も増えていますが、それがすべてではないと思います。
考え方は人それぞれ。決して否定しているわけではありませんが、もっと考えなければいけないこと、教えてあげなければいけないことがあるのではないかと思います。
posted by 二重まぶた at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99917777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。